メニュー

  • 辛い関節の痛みへの効果
  • セレコックスのジェネリック
  • リウマチの実体験
  • セレコックスとコビックス
  • セレコックスのジェネリック

    痛み止めの薬ではロキソニンが有名かと思いますが、セレコックスという薬も同様の薬として利用されています。この2つは使い分けることができ、痛みに悩まされている方はそれぞれを状況に合わせて使っていくことで対処の幅が広がるので是非有効活用していきましょう。

    これらの非ステロイド性抗炎症薬と呼ばれる痛み止めの薬は、シクロオキシゲナーゼという酵素を阻害することで、痛みや発熱の原因となる物質プロスタグランジンの生成を抑制します。

    この時のシクロオキシゲナーゼ(COX)はCOX-1とCOX-2の2種類があります。COX-1は胃の粘膜を保護している効果があり、COX-2が発熱や痛みなどを引き起こす原因となっているものです。

    ロキソニンではこのCOXを2つともを阻害するため副作用として胃が荒れやすいという事が起こります。対してセレコックスはCOX-2にのみ阻害効果を発揮するため胃が荒れる心配がなく、使っていけるものとなっています。

    これだけ見るとロキソニンが劣っているようにも見えますが、薬の効果として効き方が違うので単純に劣っているとは言い難いものとなっています。

    ロキソニンは服用後に比較的すぐに効き始めるため、痛みを感じた際に頓服として使っていけるものとなっています。痛みがいつ来るか分からなくて痛みが来た時にすぐに効果が効いてほしいという人にはこちらの薬の方が向いています。しかし胃が荒れる恐れもあるため、元々胃が弱い方などは使い方に気をつけるなど配慮が必要になってくると思います。その辺りは医師と相談し、問題がないように使っていきましょう。価格も比較的安いものであるため複数購入でも負担になりにくく、気軽に使っていけるものだと思います。

    セレコックスは比較的ゆるやかに効いてくるため事前に痛みが分かっている時などに使っていくと大変便利です。また効果時間も長いため、一日2回で鎮痛効果を持続させることも可能です。慢性的な痛みに悩まされている人にはこちらの薬の方があっているでしょう。ただしこちらの薬は改良されて作られた分、価格がやや高くなっています。飲む回数が少ないとはいっても購入時の負担が大きくなりがちなのは使用に抵抗を覚えるかもしれません。

    そこで利用したいのがジェネリックです。海外通販サイトではジェネリックが豊富に揃っており、痛み止めの薬も当然同様の効果が発揮されるジェネリックが販売されています。慢性的な痛みや持病などからの痛みに対処するため普段から使う薬だからこそ、その価格差は日々の出費に大きく影響してきます。そこを節約できれば薬を使う生活を少しでも楽にできると思います。通常の通販と変わらない利用が出来るサイトですので便利に活用して、買い物を少しでも節約してしまいましょう。